無料ブログはココログ
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

最近のトラックバック

他のアカウント

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月29日 (水)

Tシャツデザイン募集!

アカデミアプラサマジョールのオリジナルTシャツを作ります!

駅伝大会やイベントのときにみんなで着られるようなTシャツが

あったら良いな~と、思いませんか?

生徒さんの中に印刷関係のお仕事にお勤めの方がいらっしゃたので、

今回いろいろと相談にのって頂き、めでたく実現する運びとなりました。

そしてそのTシャツのデザインも、皆さんに考えてもらおうと思い、

デザインを募集することに致しました!

普段でも着られるようなデザインで、

アカデミアプラサマジョールの名前をどこかに入れるという点以外は自由です。

Tシャツ自体は無地ですが、色数は揃っています。

締め切りは7月下旬。

採用された方には佐野からなにか賞品がでるかもしれません・・・?

皆様ふるってご参加下さい!

http://www.plazamayor.jp/

スペイン語・旅行会話講座

夏休み、はじめてスペイン語圏に旅行に行かれる方に朗報です。

この度、短期間の旅行会話講座を開講致します!

はじめての海外旅行、特に英語圏ではない場所、不安ではありませんか?

私もはじめてスペインに旅行した際、当時はスペイン語がまったく出来なかったので、

タクシーの運転手さんに英語で「英語喋れますか?」と聞いたところ、

「NO!」と返され、どうしよう!と思ったことがあります。

この講座では旅に出て必ず出会う場面 (ホテル、タクシー、買い物、レストランetc)

を設定し、 習慣やアドバイスなども交え、実際の旅行に即役立つ授業を行います。

初めてのスペイン旅行の直前におすすめの講座です。

スペイン出身の講師による、 ユニークでアットホームな授業を受けてみませんか?

受講費は120分×4回で25200円になります。(4日間集中コース)

そのほかに週一回の旅行会話コースは 90分×5回で19700円です。

日程等はHPでご確認下さい。

(新入会の方は別途入会金5250円が必要です)


旅行前にすこしでもスペイン語・スペイン文化に触れてみたい方、是非ご参加下さい!

お待ちしております!
http://www.plazamayor.jp/

R0011202

2011年6月22日 (水)

夏の新講座&体験クラスのお知らせ

スペイン語専門校アカデミアプラサマジョールで、

この夏から開講する新しい講座のお知らせ、そして無料体験のお知らせです。

DELE講座の体験クラスもご用意しましたので、チェックしてくださいね!

まず、7月の無料体験クラス・・・スペイン語初心者を対象とした体験クラスです。

日程: 7/2(土)14:15~15:15、

    ●7/6(水)19:00~20:00、

    ●7/7(木)10:30~11:30

ご予約はTEL:0422-42-5226またはHPからどうぞ。http://www.plazamayor.jp/

次に、DELE試験対策講座

  ・・・ 8/20(土)実施のDELE試験に向けて、B1B2レベルを開講します。

日程:7/5~8/9(火曜日)、全8回(12時間)、午後19:00~20:30、32,760円

    ●7/2~8/6(土曜日)、全6回(9時間)、午後14:15~15:45、24,570円

    ※新規入会の方は別途入会金5,250円が必要になります。

そして、DELE講座体験クラス (NEW!)

 ・・・ DELE講座に興味のある方、どんな内容なのか知りたい方は

    こちらをお勧め致します。一回90分4100円です。(本校生徒の方は割引あり)

    ●日程:7/2(土) 午後14:15~15:45

                    7/5(火) 午後19:00~20:30

まずは基本から、の作文講座 (表現編)

 ・・・構文の知識を学びながら文章を書く能力を高めるための講座です。

   全6回、土曜 午後14:15~15:45、受講料24,570円

   日程:7/2、7/23、8/6、8/27、9/10、9/24

   ※新規入会の方は別途入会金5,250円が必要になります。

そして上級会話コース・新聞購読講座 (夏季コース)

 ・・・スペイン語の新聞から、政治・経済・文化・時事など、毎回気になる記事を選択し、それを題材に授業を進めていくコースです。

    全6回、土曜 午前10:30~12:00、受講料24,570円 

    ●日程:7/16、7/30、8/6、8/27、9/10、9/24

    ※新規入会の方は別途入会金5,250円が必要になります。

・・・とたくさんの講座、体験クラスが近々開講される予定です。

最近どんどん蒸し暑くなってきていますが、

スペインに想いを馳せながらみんなで勉強して暑さを忘れましょう!

各講座の詳細はお電話かHPからお問い合わせ下さい。

TEL:0422-42-5226 HP:http://www.plazamayor.jp/

2011年6月20日 (月)

植物たち

ブログネタに困ったので

佐野家のベランダの植物たちの紹介です。

はっきりしない曇り空が続きますが、

生き生きした植物の色を見て癒されています。

今はハイビスカスがきれいに咲きほこっています。

Sano_2Sano_3_3 Sano_8_2Sano_4 

http://www.plazamayor.jp/

2011年6月13日 (月)

soñadores poco realistas

日本を代表する作家の一人、村上春樹さんが先週の6月9日、
スペインのカタルーニャ国際賞授賞式でスピーチをなさいました。
「非現実的な夢想家として」と題されたそのスピーチは、
今回の大震災で原発事故を起した東電と、効率を求めてきた社会を批判した内容でした。
その全スピーチのスペイン語訳がないかと探してみましたが、
英語訳とカタラン語訳しか見つからず・・・。
新聞記事があったのでそちらを下に載せました。
スピーチの英語・カタラン語訳はこちらから、日本語はこちらからどうぞ。
BARCELONA, ESPAÑA (09/JUN/2011).
- El escritor japonés Haruki Murakami, que recibió hoy en Barcelona el XXIII Premio Internacional Catalunya, hizo de su discurso de agradecimiento un alegato antinuclear, en el que entonó una autocrítica colectiva japonesa por el accidente de la central de Fukushima, que achacó a la búsqueda de rentabilidad.

El escritor comenzó con un guiño cómico con las palabras "Bona nit, Barcelona, como diría Lady Gaga", pero continuó en un tono severo con un discurso demoledor contra la energía nuclear.

En sus palabras emocionadas, Murakami recordó que el terremoto acabó con "la base de la vida de muchas personas: la familia, los amigos, las casas, las pertenencias" y seguramente también con las ganas de vivir de algunos supervivientes, pero "ser japonés comporta vivir con desastres naturales como tifones, actividad volcánica y los terremotos".

Murakami exhibió un cierto determinismo cuando reprodujo algunas predicciones científicas que auguran "un terremoto de gran magnitud para los próximos 20 años en la región de Tokio, que podría ser mañana".

Un determinismo que convive con la creencia de que "no hay ningún estado que dure para siempre", de que "todo lo que existe se acaba extinguiendo, pues no hay nada inmutable".

Sin embargo, no quiso ser del todo pesimista cuando apuntó: "los japoneses aceptamos los desastres de la naturaleza como inevitables, pero siempre volvemos a levantarnos; y eso puede haber influido en nuestra sensibilidad estética".

El escritor de "Tokio Blues" abandonó ese tono conformista cuando habló del accidente en la central nuclear de Fukushima.

"Esta desgracia ha pasado porque las personas que construyeron la central no tuvieron en cuenta que podía haber un tsunami de esa magnitud y porque la compañía estuvo muchos años sin tomar en serio esa posibilidad; y lo que ha pasado afecta profundamente a nuestra ética y nuestro modelo".

Tras los bombardeos de Hiroshima y Nagasaki en 1945, Japón ha sufrido ahora, recordó el premiado, la "segunda desgracia nuclear en su historia", pero esta vez es diferente: "nos lo hemos buscado nosotros mismos".

A los contrarios a la energía nuclear, comentó, se les llamaba "soñadores poco realistas" y así es como se encuentran ahora: "Los reactores nucleares han abierto las puertas del infierno".

"Los japoneses deberíamos haber renegado de la energía nuclear y no deberíamos habernos dejado guiar por el criterio fácil de la eficiencia", opinó.

"Debemos grabar de nuevo en nuestros corazones el mensaje del monumento de la Paz de Hiroshima 'Descansad en paz, pues el error jamás se repetirá'", recordó el escritor japonés.

Murakami destinará los 80 mil euros del premio a las víctimas del terremoto y del accidente nuclear de Japón.
Harukim

2011年6月10日 (金)

西経済友好会 定例会の参加

今日は佐野からのご報告です。

6/8(水)一昨日になりますが、日西クラブの定例会の参加してまいりました。

幹事会員であるこちらの生徒さん清水正敏さんからのご紹介で参加させていただきました。清水さんは、APMのブログのガリシアデーにも登場しましたね。

今回の内容は、駐日スペイン国大使 ミゲル アンヘル ナバロ大使の着任の挨拶と講演です。

会場は在東京スペイン大使館で行われました。

なかなか話好きの大使とお見受けしました。講演はEUでのスペインの活躍や、問題点、現状など多岐にわたりありました。参加者の質問にも丁寧にお答えになり、なんと講演は、2時間にも渡りました。

主催の日西経済友好会については、清水正敏さんからコメントをいただいておりますので、ここにご紹介いたします。

-----------------------------------------------------------------

QUOTE
「日西クラブとは」
正式には日西経済友好会ですが、通常は日西クラブと称しております。
1998年12月に駐日スペイン大使、経済参事官列席の下に設立され、
活動の柱は会員へのスペイン情報の発信とボランティア活動にて、年5回
の定例会を開催、最新のスペイン政治経済情報に加えて、文化、芸術、
料理等の興味深いテーマの講演を行い、講演会の後はスペインワインを
楽しみながら、会員相互の親睦を深めております。
一言で申し上げると、スペイン在勤者を中心としたスペイン応援団みたい
なものです。現会員は122名で、スペインファンの方々のご入会をお待ち
しております。
ホームページ http://www.club-nippon-spain.jp/ をご覧下さい。
UNQUOTE

-------------------------------------------------------------------

講演の後には、スペインワインとピンチョスのレセプションで大いに盛り上がりました。

なんと、こちらの生徒さんである森優子さんも参加なさっていました。

私は、昔あこがれていました清水憲男先生にお会いでき、先生のお人柄が表れているユーモアのある会話を楽しませていただきました。P6080006_2

森優子さんは半年ほど前に長期にわたるパナマ、ベネズエラ滞在から帰国し、日本でお仕事を始めました。

とてもレベルの高いまた社交的な生徒さんです。

今回も有意義な会に参加でき大満足な夜でした。

P6080010_5 P6080003

タパスも満載!!

URL; www.plazamayor.jp

2011年6月 6日 (月)

カタラン語クラス はじめました。

Bon dia!

先週から始まりました、カタラン語の個人クラス。

アカデミアプラサマジョールでは今までカタラン語クラスはなかったので、

今回初めての試みです。

講師のルベン・フレイシャス先生。

Ruben

カタラン語ってどんな感じなのかしら?

と、興味ある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この度、カタラン語おためしコース(個人クラス)を新しく開講致します。

1時間半×5回コースで30,000円、(新規の方は入会金が別途必要です)。

詳しくはホームページをご覧下さい。

http://www.plazamayor.jp/

2011年6月 1日 (水)

三鷹市駅伝大会

まだまだ先の話なのですが・・・

三鷹市駅伝大会、今年の日程が発表になっていました。

日程は11月27日(日曜日)。

今年はまた、プラサマジョールチーム参加するつもりです!

申し込みはまだ始まっていませんが、出来れば2~3チーム作りたいのです。

女子チームを作りたいなぁ~なんて話も出ていますよ。

走る気まんまんの先生も実はけっこういます。

そこのあなた、一緒に汗を流してみませんか?!

選手はもちろん、応援団も募集しています。

もちろんその後の打ち上げパーティもやりますよ。

ほんとにまだまだ先の話ですが、

皆さん今から予定を空けておいてくださいね!

Photo

http://www.plazamayor.jp/

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »