無料ブログはココログ
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

最近のトラックバック

他のアカウント

« 「セラーノ工房」見学会 | トップページ | ユマちゃん »

2011年9月14日 (水)

スペイン語劇 東京外国語大学にて

アカデミアプラサマジョールで個人レッスンを受講して下さっている、岡田さん。

現役大学生である岡田さんの通われている東京外国語大学にて、

スペイン語劇の発表会があるそうです。

日時 ・ 11月19日(土) 13:00~14:20

場所 ・ 東京外国語大学 アゴラグローバル 

     (多磨駅から徒歩5分 入って直ぐ左側に見える白い建物)

演目 ・ Don Juan Tenorio

※時間はまだ決定ではないため、多少上下する可能性があるそうです。

演目は「ドンファン」ですね!wikipediaによると・・・

ドン・ファン(Don Juan)は、17世紀スペインの伝説上の放蕩児、

ドン・フアン・テノーリオ(Don Juan Tenorio)のことで、

プレイボーイの代名詞として使われる。フランス語ではドン・ジュアン、

イタリア語ではドン・ジョヴァンニと呼ばれる。

元になった伝説は簡単なもので、プレイボーイの貴族ドン・フアンが、

貴族の娘を誘惑し、その父親(ドン・フェルナンド)を殺した。

その後、墓場でドン・フェルナンドの石像の側を通りかかったとき彼の幽霊に出会い、

戯れに宴会に招待したところ、本当に石像が現れ、

大混乱になったところで、石像に地獄に引き込まれる。

・・・ということです。ドンファン=プレイボーイの代名詞としては知っていましたが、

こんなストーリーだとは知りませんでした。

岡田さん達がどんな風に演じるのか興味ありますね!

また日程が近くなりましたら改めて告知しますので、

スペイン語演劇の興味のある方は是非♪

http://www.plazamayor.jp/

Donjuan

« 「セラーノ工房」見学会 | トップページ | ユマちゃん »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スペイン語劇 東京外国語大学にて:

« 「セラーノ工房」見学会 | トップページ | ユマちゃん »