無料ブログはココログ
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

最近のトラックバック

他のアカウント

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月13日 (木)

ピアニスト下山静香と巡るスペイン

スペイン旅行ツアーのご案内です。

~音楽と美術の旅~

ピアニスト下山静香と巡るスペイン、マリョルカ島&バルセロナ8日間

☆下山静香氏による各訪問地のレクチャー&二回のピアノコンサート、

そしてリセウ劇場でのオペラ『カルメン』の鑑賞付。

詳細はこちらから。

ピアニスト下山静香さんのWEBページはこちらからどうぞ。

2014年11月12日 (水)

日西経済友好会―日西クラブー第70回定例会&忘年会

当校の生徒さんである清水さんから日西クラブのお知らせを頂きましたので、

ご紹介致します。

----------------------------------------------------------------------

日西経済友好会―日西クラブー

第70回定例会&忘年会

日時: 2014年12月3日(水) 19:00~21:30 (18:30開場)

場所: カフェ・ジュリエ  東京都中央区銀座5丁目ー13-16 TEL 03-3543-3151 講師: 佐藤 悟 氏(前スペイン駐在日本国大使、現外務省研修所長)

演題: 「魅力溢れるスペイン」―交流400周年を超えてー

参加費(含む飲食代): 4,000円(会員及び会員家族)、5,000円(非会員)

今回の講演者の佐藤悟氏は中南米局長、外務報道官などの要職を歴任、

2011年より本年 8月までスペイン大使を務められました。

今回はご帰国間もない佐藤大使から、

①スペインを 巡る最近の特徴的な事項(カタルーニャ問題も含め)、

②日西関係の最近の特徴的事項(交流 400周年を含め)、

③大使としてご苦労されたことなどについて、

硬軟取り混ぜかつ写真 多用の形でお話し頂きます。

スペインの現況、将来に付いては皆様ご興味のある所と思いますので、

是非とも奮ってご参加 下さい。

そして講演会の後は、忘年会に相応しく、

懐かしいハモン、ケソ・マンチェゴも取りそろえ、

高級スペインワイン飲み放題の懇親会をお楽しみ頂きます。

皆様、ご友人の方々もお誘いあわせの上、奮ってご参加下さい。

-----------------------------------------------------------------

ご参加希望の方は清水さんまたはプラサマジョールへお声掛けください。

 

『国境の記憶』 Parting Memories

“故郷にチャンスはない。アメリカはチャンスの国”
戦禍、貧困、弾圧を逃れて国境の向こうの理想郷をめざして人は旅立つ。
国境越えの斡旋業者“コヨーテ”の助けを借りた命がけの旅の向こうにあるものは…
アメリカ大陸の南北問題を問うアート作品の神髄がここにある。

パフォーミングアーティストのビオレタ・ルナ氏が

『国境の記憶』(Apuntes de la Frontera) という作品で初来日公演をします。

日時:2014年11/19(水)、11/20(木)

場所:シアターX

講演の詳細はこちらから。

ビオレタ・ルナ氏のwebpageはこちらから。

また、そのシアターX公演をふまえ、

アメリカとメキシコの国境地帯が抱える不法入国をめぐる問題や

人間のアイデンティティーに関する問いに、

どうアーティストが向き合うのかについての講演が上智大学にて行われるようです。

日時:2014年11月21日(金)午後5時00分~7時00分

場所:上智大学中央図書館8階821会議室

使用言語:スペイン語(インタビュアーによる随時通訳)

参加費無料/予約不要・Entrada Libre

主催: 上智大学イベロアメリカ研究所

共催: 上智大学グローバル・コンサーン研究所

問い合わせ先: イベロアメリカ研究所 Tel: 03-3238-3530  E-mail: ibero@sophia.ac.jp

2014年11月 6日 (木)

スペイン語 初級クラス

スペイン語スクール、アカデミアプラサマジョールでは、

スペイン語初心者の方対象のクラスとして、以下の選択肢がございます。

スペイン語が全く初めてという方

 無料体験クラスを体験して頂き、自分に向いてそうであれば、

 全7回の『プレクラス』(入会金込み28,000円)へ進む。

 (プレクラスではスペイン語の簡単な基礎を学びます)

スペイン語を3ケ月~半年ほど学習済みの方

 『初級A1クラス』から始めて頂けます。

 開講日は以下のページの下、『初級A1クラス』をご参照ください。

自分のスペイン語のレベルがよくわからないという方は、

スタッフにご相談ください。レベルはA1~C2まであり、開講しているクラスであれば、

無料でそのクラスを一回体験して頂けます。

ご希望に合うレベルのクラスをご紹介させて頂きます。

http://www.plazamayor.jp/

スペイン看護婦、エボラ熱から回復

日本でも話題になっていた、スペインの看護婦がエボラ熱に感染したというニュース、

その後無事回復したということで、本日ニュースになっていました。

スペイン語でのインタビューは以下のサイトでご覧になれます。

http://www.rpp.com.pe/2014-11-05-espana-dan-el-alta-medica-a-enfermera-infectada-de-ebola-noticia_739509.html

Yahoonews1106

以下、yahooニュースより転載です。

【11月6日 AFP】アフリカ大陸外で初めてエボラ出血熱に感染した患者となり、その後に回復していたスペイン人看護師のテレサ・ロメロ(Teresa Romero)さん(44)が5日、首都マドリード(Madrid)のカルロス3世病院(Carlos III Hospital)から退院した。

 同病院で医師団と夫のハビエル・リモン(Javier Limon)さんと共に記者会見したロメロさんは、目に時折涙を浮かべながら声明文を読み上げた。

「皆さんに感謝します。体はまだとても弱っています」「自分が死んでいくのだと感じた時、私がすがったのは自分の思い出と家族、そして夫でした。隔離され、夫ハビエルとの電話以外は外界と接触できませんでした」

 ロメロさんは、アフリカでエボラ熱に感染し帰国した高齢のスペイン人宣教師2人を治療した同病院の医療従事者の1人。2人はそれぞれ8月と9月に死亡した。ロメロさんは10月6日にエボラ熱への感染が確認された。

「欧米にとってこの病気は、ここで感染者が出るまでどうでもいいことでした」「何が失敗したのか、失敗があったのかどうかもわかりません。でも私は恨んではいません。私の感染が何かの役に立ち、病気の研究が進み、ワクチン開発を助けるとか、私の血が別の人の治療に使われるなら、いつでもお役に立てます」とロメロさんは語った。

 同病院では、ロメロさんと接触のあった夫を含む15人も隔離され、監視下に置かれたが、症状が出た人はなかった。(c)AFP/Elodie CUZIN, Gabriel RUBIO - GIRON

駅伝大会&フィエスタ!

駅伝大会&フィエスタ のお知らせです!

11/30(日曜)に行われる三鷹市駅伝大会に

アカデミアプラサマジョールから2チームが参加します!

ガブリエル率いるAチームと、ダビとニコラスのBチームです。

三鷹市役所を出発し、4人でタスキをまわして同じ場所へゴールします。

皆様、是非応援にお越しください!

そのあと午後からは駅伝の打ち上げを兼ねたフィエスタがあります。

場所はピッツエリア馬車道で、14:00~、参加費は3,500円です。

どなたでも参加できますので、生徒さん、ご家族ご友人に限らず、

スペインに興味のある方、是非ご参加ください。

フラメンコライブやプレゼント抽選会もございます!

Photo皆様のご参加、お待ちしております!

アカデミアプラサマジョール

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »