無料ブログはココログ
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

最近のトラックバック

他のアカウント

« スペイン旅行をクラスで予習 | トップページ | 所沢「ねむの会」40周年記念コンサート »

2016年3月19日 (土)

日西クラブ 第76回定例会のお知らせ

清水さんより日西クラブ 第76回定例会のお知らせを頂きましたので、

ここにご紹介させていただきます。

-----------------------------------------------------------------

日西経済友好会  -日西クラブ―

第76回定例会のお知らせ

日時:2016年3月23日(水)19:00~21:30

場所:カフェ・ジュリエ 東京都中央区銀座5丁目-13-16 Tel 03-3543-3151

講演:荻内勝之氏(東京経済大学名誉教授、東京闘牛の会Tendido Tauro Tokyo会長)

演題:「現代闘牛の確立者フアン・ベルモンテ、その生涯をたどる」

参加費 (含む飲食代): 4,000円(会員及び会員家族)、5,000円(非会員)

スペインの歴史、文化を語るのに闘牛は欠かせませんが、

今回は荻内先生に下記内容のお話をお聴きします。

「闘牛の変遷をみることで、内戦をはさんだ時代のスペイン社会をよむ。

最近顧みられるようになったジャーナリスト、チャベス・ノガーレス(1897 セビリア-1947 ロンドン)、

その再評価のきっかけになった本を紹介しながら闘牛技の見方を紹介する。

JUAN BELMONTE、MATADOR  DE TOROS、SU VIDA Y SUS HAZAÑAS (Manuel Chaves Nogales著、1935). 再出版は、RENACIMIENTO社、SEVILLA, 2009年。
(2009年の再出版以来、闘牛関連書の、史上最高傑作との評価をうけている本)

ベルモンテは、1913年から20年代半ばにかけて、闘牛技の最高域を極めたMATADORで、闘牛技がこれ以上発達することはあるまいと自身が断言するほどの境地を拓き、鈴木大拙の禅の研究にも影響を及ぼした。引退後、1962年、みずからピストルで命を断った。」

非常に興味深い内容ですので、是非、ご友人をお誘いの上、奮ってご参加下さい。
講演会の後は、高級スペインワイン飲み放題の懇親会をお楽しみ頂きます。

-------------------------------------------------------------------

ご興味のある方はアカデミアプラサマジョールまでご連絡ください。

« スペイン旅行をクラスで予習 | トップページ | 所沢「ねむの会」40周年記念コンサート »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日西クラブ 第76回定例会のお知らせ:

« スペイン旅行をクラスで予習 | トップページ | 所沢「ねむの会」40周年記念コンサート »